あなたのクリックが助けになります

高く売れて10万円!うらやましい話
古い茶碗値打ちいくら デパート百貨店の骨董 一つで1万円例!現代作家や無名作品がこんな価格に
昔のお金骨董アンティーク古銭 骨董 古銭 切手 金券類 ビール券、チケット、テレカ、クオカード、図書券など自宅整理10万円例!

骨董品処分時期は早いのがおすすめ そのワケをあなただけに教えます

あなたのクリックが助けになります

物を処分するのは意外と大変です。捨てられず、処分が必要になったときに困り果ててしまうのです。手続きや整理、分別などで寝る暇もなくなるくらい忙しくなります。骨董はゴミにしてはいけません。処分先おすすめもご紹介

司会陶磁器焼き物価値解説役

骨董品の処分時期

骨董品の処分時期

◆自宅整理は大変
 急に実家の片づけをすると、大量の品物・ごみの処分が必要になります。家族や故人のコレクション(焼き物、置物、絵画、手紙など)が多いと、数日では処分できません。遺産処理で弁護士に相談した例もあります。

 骨董はごみ処分するとき、粗大ごみになるものが多いです。そして、価値が低いと思っていたものが高価買取になったという例もあります。フリーマーケットや蚤の市にも掘り出し物はあります。小さな工芸品や外国のアンティーク家具などもです。

 処分時期は時間があって、持ち主がいるときです。少しずつ処分していくと、買取したり分別して処分できます。時間がないと不用品処分業者にすべて有料回収されることにもなりかねません。

忙しくなると分別もできなくなりますよ!売れるものは換金処分することです。骨董は意外なものに価値があるんです。ほかの家電や家具、切手なども現金化できます

ヤッキー果師数寄者焼き物職人

◆骨董、美術品の価値は変わる
 骨董品や古美術は価格が高い時が処分時期に良い時です。骨董ブームがあった時期は価格も高くて、百貨店やデパートでもよく売れたと言います。昔の時代では焼き物や茶道具、陶磁器も好まれたからです。

 現代では焼き物や工芸品の人気は落ちています。骨董店でも廃業したりする時代です。これからの骨董価値も上がるとは限りません。価格は下降線ですから処分時期は早かった方がよいということです。

骨董の価格はプロやベテランでもわかりにくいのです。高くなる時期を待つのは難しいでしょう。処分時期は自分が必要なくなった時か、必要が生じたときなのです。

骨董鑑定士美術商美術鑑定士

本当に処分できる?処分できない?

自宅の処分ができない人もいます。
ゴミ御殿が極端な例でしょう。
収集品や嗜好品、
価値があると思っているものは
処分ができないものです。
その一方で断捨離すると、
気持ちもすっきりするといいます。

広くなった自宅で
換金処分したお金を手にする。
大量処分することで
得られるものは多いということです。

それでも処分できないことはあります。
骨董や土産物、贈り物などは
価値よりも気持ちの問題です。

しかし断捨離すると
気持ちの整理もつきます。
過去を清算して新しい気分になれます。

◆処分することで得られるもの 
・過去の清算
・広い自宅スペース
・換金したお金
・新しい価値観と生き方

コレクターは処分できないといいます。見れば欲しくなり、贋作やコピー品でも買ってしまいます。骨董店やリサイクルショップでも自分の目利きと経験で判断します。

処分できない人は誰かに任せることです。生前整理と遺品整理は社会問題になりました。

処分できない人は、家族や親せき、弁護士など相談できる人を探しましょう。他人は未練も執着もないので、おもいきって一括処分してくれます。買取店でも、不用品はなんでも処分できます。

ヤッキー果師数寄者焼き物職人

骨董品処分先どこがいい

◆処分費用 料金
 遺品整理業者、廃棄物処理業者はゴミ処分に向いています。しかし料金は数万円から10万円以上かかるのです。

 骨董品は売り先しだいでは価値があります。処分する前に鑑定してみて、売れるものは換金しておくのがおすすめです。売れないものは処分業者や、地方自治体の粗大ごみ、誰かに譲るなどしましょう。

◆買取品が多い
 美術商は贋作やコピー品は処分できません。鑑定証書や箱書き、著者のサインがあっても偽物と判断することもあります。そして傷や汚れがひどいものも減額か買取拒否です。

 真贋鑑定にこだわらず、傷物でも処分できることが最重要です。大量処分するなら、切手やコイン、メダルなど数も増えるでしょう。「壺しか処分できない」では、ほかの品物は他店で処分することになります。

◆対応サポート良好
 来店しても不在。予約も取れない。そもそも連絡が取れない。こうしたお店はあります。個人経営の店などは、店主不在があっても当然なのです。いきなり来店して持ち込みするのはやめましょう。

 自分の希望日で処分できるかは、お店と相談して決めます。土日や祝日しか時間が取れないのに、お店は土日が定休日。スケジュールや希望時間が都合が合うかもお店の評価ポイントです。

 処分方法も同じです。店頭持ち込みするなら、自家用車かタクシーなど乗り物が必要。最近では出張鑑定や郵送でも処分できるので、希望方法が選べることも選ぶ基準なのです。

◆秘密厳守
 秘蔵のコレクション。家族や知人の訳ありの処分品。在庫処分などで、他人や近所の人に知られたくないこともあります。廃棄処分の業者だと大型トラックが来ますが、買取店では普通の乗用車が来ます。

 せどりや個人売買、秘密の蒐集などは知り合いに知られて困ることもあります。会社にバレてクビになる人もいます。WEB申し込みは秘匿性もあるので、誰かに知られないで処分するのに向いています。

骨董今いくら自宅整理どこがいい

関連記事
ネットで査定申し込みがよく分かる
骨董値段いくら?買取価格表
出張鑑定安全?実際の様子
鑑定料の違いについて
骨董処分時期いつがいい?
買取キャンセル
都道府県別買取会社