あなたのクリックが助けになります

高く売れて10万円!うらやましい話
古い茶碗値打ちいくら デパート百貨店の骨董 一つで1万円例!現代作家や無名作品がこんな価格に
昔のお金骨董アンティーク古銭 骨董 古銭 切手 金券類 ビール券、チケット、テレカ、クオカード、図書券など自宅整理10万円例!

骨董どう片づける? 遺品整理 生前整理

あなたのクリックが助けになります

収集品や家の財産。置物や貯蔵品は整理がすごく大変です。自分が思うより数倍は苦労します。時間もかかり、お金もかかるものです。最近では新しい価値観で「思い切って整理」することも増えてきました。片づけ方やおすすめ会社をご紹介します

司会陶磁器焼き物価値解説役

生前整理できる?片づけ時期はいつ

「生前整理」は生きることを前提に物の片づけからはじめます。

エンディングは死を前提にしていることが大きな違いです。正しい生前整理を行うことにより、よりよく生きることができるようになります。

人生の踊り場にたって、自ら歩んできた道を振り返ります。そして、これから歩むべき道も自ら決めていきます。

その事により、あなたの人生は今よりもっと輝いたものとなります。
生前整理普及協会

暗く考えがちだけど、頭の中も整理するとすっきりするね!骨董や焼き物、絵画の思い出も整理して、新しい価値観を持ちましょう。

ヤッキー果師数寄者焼き物職人

コレクションや貯蔵品、家宝や財産などは騒動にも発展しやすいのです。財産分与や形見分けなどで裁判が起きることもあります。残されるもののことも考えてみましょう

司会陶磁器焼き物価値解説役

訳ありで骨董整理することもありますね。在庫整理や個人売買の不良在庫、捨てられない贈り物なども整理がつかないです。ただこうしたものも換金することで得られるものもありますよ!

ヤッキー果師数寄者焼き物職人

骨董を欲しい人はいます。美術や陶芸品のコレクターは日本や世界にもいるからです。自分が手放したものが、誰かの手に渡って、その人が幸福になれるのです。考え方次第ですよ。

骨董鑑定士美術商美術鑑定士

Q4.何歳くらいになったら始めるといいですか?
A4.早ければ早いほどいいです!

生前整理というと70歳以降の方がやられることだと思われますが、そうではないのです。よりよく生きるために、やろうと思ったらすぐに着手するのが一番いいです。
生前整理普及協会

生前整理というと、病気を宣告されたときや、遺言などと考えがちです。

断捨離というのはいつでもできます。
引っ越しや結婚、就職、離職。
人生の転機や思い立った時です。
整理時期はいつでもいいのです。
ただ早い時にしておくのもおすすめです。
人生は何が起こるかわからないからです。

特に骨董の鑑定評価額は
いつでも同じではないからです。
手放してしまうのを惜しんでいて
結局はゴミとして整理。
高いゴミ処理料金を支払うこともあります。

骨董品は有料ゴミとして出すと、一点で100円から3000円ほどの料金がかかります。有料の回収業者の場合でも、一点で1,000円以上かかることもあります。

生前整理することで、ゴミ処理料金も減らせます。運が良ければおたからが自宅に眠っていることもあります

戦前の手紙や色紙など、昔のものは価値が出ることがあります。高名な陶磁器や茶道具ではなくても、鑑定額が高くなることもあるのです。生前整理すると、老後の資産になり、いざというときのお金にもなるでしょう。

骨董品の遺品整理

高価な美術品、骨董品は相続税など税金がかかることもあります。財産であれば親族に分けることも大変なのです。特に昔の年代物は鑑定も難しくなっています

司会陶磁器焼き物価値解説役

そうです。鑑定士や古美術商でも評価が分かれたりしますから。お客様の中でも遺品整理で来られる方は、高価で由緒正しい品物をお持ちの方も多いですね

骨董鑑定士美術商美術鑑定士

普通の焼き物や置物、絵画などは形見分けしたり、譲ったりしますね。遺品整理するときは「誰が何をどうする」かで相談が必要になります。

ヤッキー果師数寄者焼き物職人

記念品や贈り物、思い出のあるものは、持ち主の意見や遺言も大事です。骨董品の価値はその人の価値観でもあります。ただ、お金に変えておくのも家族や親族にとっても良い場合もあります

司会陶磁器焼き物価値解説役

家族や子供が「必要ない」と言ったらどうしますか?遺品整理では、処分するかしないかでケンカになることもあるんですね

ヤッキー果師数寄者焼き物職人

遺品整理業者とは?

普通の廃品回収業者とは違います。
◆遺品整理業者の特徴
1.料金体形
2.回収品の種類
3.接客対応
4.片付け方法作業内容の違い
5.手続きや法的な相談

骨董などの持ち主の死後に依頼するのが普通です。そのため、一般のごみ整理とは作業内容が違うことが多いです。もちろんただのゴミ処理だけを請け負う会社もいます。

ハウスクリーニングや、和室の取り扱い方、貴重品の連絡などができるところは優良な会社です。整理するだけなら、リサイクルショップでも買取会社でも同じです。

一般的に見て、遺品整理業者は葬儀や地方の葬式について知識を持っています。ここがゴミ処理とは違うところです。その分だけ料金は高くなることも多いです。

役所での手続きや、法律関係の話など相談できる会社もあります。法要や供養、葬式、49日後の片づけなど、日本の宗教や風習などに合わせることもあるのです。

葬儀屋や不動産屋に任せることはよいことではないです。
自分の意志で整理しておくのが
正しくてすがすがしい方法なのです。

自宅整理をするだけなら、買取店でもできます。
ゴミ御殿のような家でも
価値のある貴重品が出ることもあります。
骨董は見た目や鑑定書だけでは
価値が決まらないのです。
整理する前に鑑定額を聞いてみても
損はないでしょう。
インターネットからでも
整理会社に申し込みできます。

関連記事
ネットで査定申し込みがよく分かる
骨董値段いくら?買取価格表
出張鑑定安全?実際の様子
鑑定料の違いについて
骨董処分時期いつがいい?
買取キャンセル
都道府県別買取会社