あなたのクリックが助けになります

高く売れて10万円!うらやましい話
古い茶碗値打ちいくら デパート百貨店の骨董 一つで1万円例!現代作家や無名作品がこんな価格に
昔のお金骨董アンティーク古銭 骨董 古銭 切手 金券類 ビール券、チケット、テレカ、クオカード、図書券など自宅整理10万円例!

古い陶器高価買取例 鑑定評価を上げるコツとは

あなたのクリックが助けになります

古い陶器は鑑定が難しいものです。鑑定での評価しだいで数千円から10万円以上まであります。高く売る方法と価格例をご紹介します

司会陶磁器焼き物価値解説役

価格例

人間国宝濱田庄司陶器買取価格
人間国宝、文化財になると鑑定額が100万円以上もあります。古い陶磁器は見た目が悪いもの、傷や欠けがあるものもあります。しかし傷ありでも高額査定例はあるのです。


骨董人形置物フィギュア価格例
陶器で作られたものは、茶碗や壺ではなくても買取ができます。年代物の置物、酒器なども鑑定してみるとよいでしょう。


土器
平均買取価格 10,998円
弥生土器骨董
縄文土器 弥生土器 日本最古の陶磁器 紀元前のものは鑑定額が高い
須恵器
平均買取価格 16,063円
須恵器高杯平安時代発掘品
5世紀の古墳時代頃に作られた 希少価値があり買取価格も高い傾向
古伊万里
平均買取価格7,131円
古伊万里染錦花鳥文陽刻酒器
陶磁器の中でも人気で海外コレクターもいる(オールドイマリ) 値段は手頃で10万円以上の鑑定額はやや少ない
古九谷
平均買取価格 30,305円
磁器古九谷色絵鳥文扇型皿
日本の陶磁器の中でも歴史が古い 外観が派手できらびやか 高価な陶磁器が多い
朝鮮
平均買取価格 9,925円
新羅土器高足盃
朝鮮神羅時代 高麗時代など朝鮮古美術 青磁や磁器等 収集家に人気があり高額査定が多い
中国
平均買取価格 11,416円
磁州窯白釉桃型盃中国明朝
唐物 明・清朝時代の中国古美術 日本の陶芸の基盤となった 高額例が多い

写真画像 三浦古美術WEB

古い陶器売り先どこがある?

古い陶器は壊れていたり、ひびが大きいと買取はできないです。なんでも売れるという宣伝ですが、実際売れないものも多いんです。100円で納得なら売ればいい、フリマだってだれも欲しがらないでしょう(笑)

男壺陶磁器処分した体験談

骨董に詳しくもない店はよくある。ただウンチクが長くて、鑑定も3・4時間かかるところもある。結局は高く売れればいい。古い陶器は本物かわからないわけで、こっちがいくら力説しても安ければ安いまま。ほかをあたってみてもいいが、鑑定額が低いのには理由があるし、どこでも安い

スーツ絵画掛け軸売りたい

骨董品はネットでも売れるんですね。古い陶器は高く売りにくいです。相場を考えるなら、かんたんに買取店で処分したほうが賢明ですね。

女昔の陶磁器買取した口コミ

優良鑑定会社比較
骨董焼き物絵画買取会社ランキングランキング1位
骨董焼き物絵画買取会社ランキングランキング2位
骨董焼き物絵画買取会社ランキングランキング3位
便利で専門性
年配の方向け
大量処分向き
もっと詳しい買取比較ランキングこちら

関連記事
ネットで査定申し込みがよく分かる
骨董値段いくら?買取価格表
バカ高い骨董買取例
出張鑑定安全?実際の様子
鑑定料の違いについて
骨董処分時期いつがいい?

古い陶器高く売る方法

骨董売れない買取できない物

骨董売れないもの比較

古い陶器といっても、昭和初期や明治・大正時代の陶器は価値が低いです。

高価買取の骨董はそれ以前の江戸時代より前の年代です。

戦後や昭和、平成時代の古い陶器は、骨董品とは呼びません。10年程度前ではアンティークにはならないです。

デパート品や百貨店の陶器を高く売るなら、売り先が重要です。

美術商はもちろん美術品を買い取ります。
骨董店で3000円の陶器を売るのも店主が何というか想像してみてください。

廃品回収業者ではないです。
リサイクルショップはもとが1000円のものでも処分できます。
骨董買取店でも、対応品が広いです。
最近はゴミが有料回収なので、
100円でも処分できれば、実質お得といえます。

もちろん安いと思っていたものが、
予想より鑑定額が高くなることもあるのです。
1点よりは10点、30点と大量処分すると
合計金額も高くなります。
断捨離できない人は運勢や預金も少ないと言います。

お金や物を有効活用できないのです。
美術品も時価価格なので、
高いうちに売るのが良い方法ということです。
陶器は人気も下がっているので、
置物や像など骨董価値のあるものは
全部処分しても損はしないでしょう。

インターネットからでも買取申し込みができます。
重い陶器や焼き物は出張鑑定で現金化できます。

骨董今いくら自宅整理どこがいい

古い陶器鑑定のポイント

古い陶器は焼き物全体のことを言います。プロの鑑定士、焼き物の職人からすれば①陶器 ②磁器 ③土器 ⑤炻器 ⑤その他 に分けれらます。陶器の種類や年代、窯などから鑑定をします。

もちろん普通の人が売買するときは、年代や産地などよりも別の基準です。蚤の市やフリーマーケットなどは自由に価格を決めます。見た目や美しさだけで高い値段をつけたり、「その日処分してしまいたい」という理由で安くしたり高くしたりします。

古い陶器といえば、縄文時代の土器から日本の中世時代(平安・奈良時代ごろ)などから始まっています。このころの陶器は出土数は限られますが、高い値段のものばかりではないです。偽物や質の低い骨董も多くあるからです。鑑定士でも「本物か、偽物か」でだまされたり、間違うことがあります。

ベテランの骨董マニア、コレクターでも目利き次第なのです。美術品は時価など、定価も相場もない世界です。なんでも鑑定団のように意外な高額査定が出たり、希望額の10分の1以下ということもあります。年代が古いものは、炭素の年代特定やその他の測定方法もあります。特別な機械を使うため、普通の骨董店や買取店では使われないでしょう。古い陶器の鑑定額は、実際にみてもらって決まるのです。

中国の骨董、唐物などは贋作も多いと言います。日本の鑑定士では中国や朝鮮、欧州の知識が不足しています。外国専門の骨董店もありますが、少数派です。買取対応品が多くて、平均的に高く売れるのは買取店です。


▼関連記事
骨董焼き物骨董買取価格一覧表
平均価格、最高額など相場情報
骨董食器タグ食器・種類別一覧
マイセン、ノリタケ、ブランド食器
焼き物・窯産地別一覧焼き物・窯産地別一覧
伊万里、有田、九谷、備前、唐津
酒器骨董酒器一覧
とっくり 銚子 ぐい呑